2006年02月28日

弥生賞展望

今週は4重賞だが、特に関心が高いのが弥生賞。
ラジオたんぱ杯を勝ったサクラメガワンダーが登場だ。

このレースは重い阪神の芝で好時計を出した、サクラメガワンダーとアドマイヤムーンのレベルがとても高かった。アドマイヤムーンはすでに共同通信杯を勝っているが、この2頭のレベルはクラシック級である。
ただサクラメガワンダーはグラスワンダー産駒で重めの血統なので、重い馬場が得意なだけの可能性もある。このあたりを注目してみてみたい。

中山の開幕週、時計の速い芝に対応できるのかどうかだ。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 15:06 | Comment(2) | TrackBack(11) | 競馬コラム
2006年02月27日

松永幹夫騎手が引退

鳥肌立ちました。

天皇賞秋をヘヴンリーロマンスで制し、天皇陛下に敬礼を許されたただ一人の騎手・松永幹夫騎手が引退。
阪急杯では人気薄ブルーショットガンでの豪腕差しで勝利。
競馬中継を見ていたのですが、直線は「あ、きた、きたよーーー!」と思って実際勝ちきった時は鳥肌立ちましたね。
最終レースも勝って1400勝のおまけつき。

久しぶりにいい競馬を見た気がしました。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 23:07 | Comment(3) | TrackBack(4) | 競馬ニュース
2006年02月27日

めざせ100記事100リンク!?

他のブログで書いていた記事をいっせいに移してみました。

めざせ100記事100リンク!?

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記&雑記
2006年02月27日

俺競馬大賞2005

2005年で印象に残っているのは、牝馬がG1レースでがんばったということだ。牡馬牝馬混合G1で3頭勝ちました。その3つとはNHKマイルC、宝塚記念、天皇賞秋。

2005年印象に残った3頭の重賞勝ち馬をあげます。



・スイープトウショウ(宝塚記念、エリザベス女王杯)

安田記念(2着)で内を突いてものすごい脚で突っ込んだ後、牡馬を差し置いて正攻法の先行で宝塚記念をぶっこ抜いた牝馬。強い!の一言。
有馬記念を使ってほしかった。

・レクレドール(クイーンS)

さんざん強い強いと言っておきながら追いかけて勝てないレースが続き、見切った途端に重賞を勝たれるという。ある意味、印象に残っている馬(笑)
今では馬のタイプが変わったので、もう積極的には買わないけど。

・サイレントウィットネス(スプリンターズS)

距離を1200→1400→1600と伸ばし果敢に挑戦した安田記念。きついレースを先行して3着したのは強かった。その後1200に戻したスプリンターズSを楽勝。
ディープインパクトに勝てる馬はたくさんいるけれど、1200でこの馬に勝てる馬はいない。世界最強スプリンターに感動しました。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

競馬で的中率100%を達成する方法。

競馬で的中率100%を達成する方法。


全部の馬券の組み合わせを買っておけ!みたいな情報商材。

プライスレス。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

空を飛ぶサラブレッド

空を飛ぶサラブレッド


告知。

明日夜9:00からは、「NHKスペシャル」を見ましょう。

武豊に「空を飛んでいるようだ」と言わしめた無敗の三冠馬・ディープインパクトの特別番組があります。

めちゃイケ見てから、エンタの神様まで空きがあるでしょ!?その時間ですよ。野ブタより競走馬ですよ。競馬ファンの人以外にもぜひ見てほしい番組です。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬コラム
2006年02月27日

新設マイルG1&ディープインパクト3冠

新設マイルG1&ディープインパクト3冠


1.マイルG1が新設

春に古馬?牝馬限定で、マイルG1が新設だそうだ。
レース名はビクトリアカップ。
福島牝馬S(1800)や愛知杯(2000)などの牝馬限定戦が前哨戦になると思うが、前哨戦は1600や1400の距離でやってほしいなぁ。なんか中途半端。
桜花賞→ビクトリアC→NHKマイルC→安田記念 で春のマイルG14冠王だ!なんて。

2.ディープインパクト、3冠なるか!?

皐月賞・日本ダービーの2冠馬ディープインパクトが、菊花賞の前哨戦・神戸新聞杯を楽勝、3冠に王手。
ディープインパクトが菊花賞を勝つとか負けるとかそういうことじゃなく。
ディープインパクトに騎乗する武豊が、ここで初の3冠達成のチャンスを絶対逃すはずがないと考えれば、あぁやっぱりディープが勝つんだな〜なんて思います。
先週も絶好調だっだし。奴はそういう男なんじゃないの?

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬コラム
2006年02月27日

有馬記念前週に1400G1新設?

有馬記念前週に1400G1新設?

有馬記念前週に1400m・G1新設するそうで、話題になっている。いろんな人がコメントしているので俺もコメントしちゃうよ。

まずこの1400m・G1、馬券売り上げ的には価値があってもこのレースの勝ち馬には全く価値がなさそうな感じがする。
1200mならすっげーはえー超ーはえー!だし、1600mならはえーしはえーだけじゃなくて底力もあるしなおさらすっげー!になるが、1400mっていかにも中途半端で、スピードも底力もほどほどにある馬だね、くらいの印象になってしまう。
土曜に阪神牝馬S1600m・G2をやって、日曜にまた阪神で1400m・G1をやるというのもなんか違う。距離逆じゃんっていう。

それよりも春に牝馬G1を創設してほしい。
スイープトウショウは牝馬でも牡馬相手に活躍したけど、牝馬相手に戦いたいアドマイヤグルーヴやスティルインラブは実に困っているのだ。


追記・希望通り、春にG1創設になりました。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

競馬情報会社の広告

競馬情報会社の広告


毎週金曜日には東スポを買って帰る。
見開きには2面に渡ってでっかく競馬情報会社の広告があるのだが、最近のこの手の広告は決まって女性がメイン。
それが不思議なことに毎週可愛い女性なのである。
ちなみに今週はZONEのベース、MAIKOに似た女性だ(笑)
モデルさんに高いお金を払って女流予想家として広告に出てもらうのだろうが、以前はプロ馬券師と名乗るオッサンがメインだったことを考えると、すばらしい進化だなと。

別に入会するわけじゃないけど、可愛い女性が出てるとつい広告見ちゃうもんなぁ。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

偏った競馬ニュース

〜偏った競馬ニュース〜



現役最強馬との呼び声も高いカンファーベスト(牡6・佐藤吉厩舎)が、新潟大章典2着後は第3回東京開催最終週のエプソムC(GV)を使うことに正式決定した。
「宝塚記念(GT)を使っても勝ち負けになるが、今回は確実に重賞を勝ちに行く。秋はG1を勝って、カンファーベストにはなんとしてもぬいぐるみになってもらいたい。」

と、佐藤吉調教師も言っているとかいないとか。

ということだそうです!
新潟大章典は2着だったけど、柴山も新人のわりになかなかの騎乗だったので次もぜひ乗ってほしい。
エプソムCは東京最終週の馬場で1800なのも合いそうだし、次は勝ってくれるでしょう!

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース
2006年02月27日

桜花賞回顧と皐月賞展望

桜花賞は桜花賞と直結しない前哨戦勝ちの2頭で決まってしまった。

ラインクラフトはやはり疲労・ストレスに強い母父サンデー効果だろうか。前走でストレスある中今走で先行したら、普通は直線で垂れてしまうだろう。
スムーズな競馬ができたのもあったが、先行できたから勝ったのだと思う。
シーザリオは強かった。フラワーカップは以前は摩擦があってここを好走すると桜花賞は凡走というのが通例だったが、やはり中山の高速馬場化でレースに摩擦がなくなってしまい、フラワーカップを好走しても桜花賞で反動が出なくなってしまった

今回はメンバーに重賞勝ち馬が多かったように、オッズ的には荒れそうな雰囲気でも穴馬の出番がないレースだったように思う。

ところで、内枠先行有利で結果を出した馬の次走の評価をちょっと考えてみた。仮説を立ててみたい。

内枠先行有利の馬場を利して勝利・連対した馬の次走→

@次のレースがG1戦の場合

A勝利・連対したレースがスローペースの場合  @Aにあてはまる場合、次走の評価を落とす。というもの。レースの格が上がるとレース質が厳しくなり、前走よりきつく感じるから凡走する→評価を落とすというごくごくあたりまえの考え方だ。

ちなみにこれはチューリップ賞を勝ったエイシンテンダーは@Aにあてはまる。
鳴尾記念を勝ったサクラセンチュリーはAのみにあてはまる。次走も勝った。
中京記念を勝ったメガスターダムは両方にあてはまらないが、次走負けてしまった。まあ故障のせいもあったかもしれない。
エイシンの場合は先行圧勝でサクラの場合は差し圧勝。格上げ戦は差し圧勝を狙えというのはよく言われることだ。このへん関係あるのかな?わからないけど。
まあエイシンテンダーは負けるべくして負けたのだ。

皐月賞には前走内枠先行して連対した馬がいる。アドマイヤジャパンだ。これは@にあてはまる。
あてはまる以上評価を下げてみたい。
皐月賞はディープインパクトとローゼンクロイツの一騎打ちか?と思っている。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

ディープインパクトが僅差の勝利

ディープインパクトが僅差の勝利


弥生賞はディープインパクトが勝つには勝ったけど僅差の勝利で、圧勝するものと思われていたスターホースへの期待が一気に冷めてしまいましたね。
俺もディープすげーーーーー!!強えーーー!! とか言いたかったです。
とはいえ外々を回っての勝利は強かったし、ゴール直前ではこれから伸びる!という感触に見えました。

レースでは先行しませんでした。先行しなかったので、やっぱりダービーを勝つための乗り方したのかなぁという感じですね。皐月賞はやっぱりストーミーカフェ?
武豊って圧倒的に能力が抜けてると思われる馬に乗るときって、たいてい横綱相撲的な乗り方。まあそれが安全策な乗り方で今回のベストな乗り方なのでしょうが。クロフネやファインモーションでやるならともかく、サンデー産駒でやるなよ!って感じします。まあそれでも勝っちゃうんだから強いのか。

今考えてるのは、サンデーの活力が落ちているという話。最近のサンデーの疲労耐久力的に、皐月賞とダービーを疲労に耐えて連勝できるのか?
弥生賞は2分2秒台の決着。スローペースでタイムが遅く、疲労は最小限に抑えられたと思います。それとサンデーの疲労耐久力との兼ね合い。果たしてどうなんでしょうね。

皐月賞で疲労が出てプラス体重で軽く負けて、ダービーで疲労抜けてきっちり馬体重絞って勝つ。
これが一番しっくりくるシナリオなんだよな〜。


追記・皆様ご存知ですね(笑)

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬コラム
2006年02月27日

有馬記念出走馬全馬コメント

・マイソールサウンド
走るタイミングが分からない馬だが、G1は何度も挑戦して惨敗続きだし、最近の重賞勝ちは摩擦のないレースばかり。

・サンライズペガサス
天皇賞(春)→宝塚記念の大幅短縮を決められない時点でG1では用なし。とりあえずマイルCSに出てほしかった。

・ゼンノロブロイ
レコードタイムをゴール前100mまで走った。連外したし興味なし。どうせ無難には走るんだろうけど。

・コスモバルク
終わったザグレブ。五十嵐冬、復帰よかったね。

・スズカマンボ
天皇賞(春)がまぐれだとは思っていない。直線で内突けば面白いけど、馬群割れないと思う。外を回ると届かなそう。中山合わない。

・ディープインパクト
G1連続連対中サンデー、古馬戦初でフレッシュ、サンデー×武豊。消す理由がない。

・へヴンリーロマンス
根幹距離で強さを見せたように、延長非根幹は向かないのでは?サンデーらしいサンデーだと思う。

・グラスボンバー
強いか弱いかよくわからない。あまり興味なし。来たらあきらめる。

・タップダンスシチー
前走は「走ってしまった」と思う。よって反動出る。「走ってない」のなら今走で走る。

・ハーツクライ
レコード後で反動出る。サンデー×トニービンで得意条件の府中で、今走の中山は合わないしJC以上の走りは期待できない。

・オペラシチー
LC系の延長。中山長距離非根幹のオペラハウス。これまでのレースで強さは見せているわけで、あとは走れる状態かどうか。

・ビッグゴールド
復活連チャン期は終わったか。条件は悪くないけど。

・コイントス
バウンド延長だが強調材料なし。まとまり系だし連対リズムがほしかった。

・リンカーン
ここで好走するんだったら以前にもっと走ってる。有馬連対したときはうまくいきすぎの走り。

・デルタブルース
今シーズンはGUを2走で疲労ない。前走は苦手のスローの上がり勝負をがんばったし、今回はもっと力出せる。相性の悪いステイヤーズS組だが。

・オースミハルカ
前走は展開恵まれたし、牝馬はG1勝ちくらいの実績がないとつらい。


有馬記念、皆様がんばりませう。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

O・TO・GA・ME・なしですか?

O・TO・GA・ME・なしですか?

昨日の日経新春杯見ました?
武豊騎乗の断然人気馬ナリタセンチュリーが、佐藤哲三騎乗のサクラセンチュリーに思いっきり寄られて不利を受けました。審議になったが結局サクラが1着のままオトガメなし。あれ見て怒ってる人いっぱいいるんだろうな。
内容はひどすぎましたが、佐藤哲三は終始武豊をマークし直線でケンカを売ったわけですからカッコよかったですよ。さすが佐藤哲三です。
俺の本命はナリタセンチュリーでした。誰でもわかるあきらかに強い馬を本命にしたわけだから今回負けたのはまぁしょうがないですね。サクラセンチュリーは前走の鳴尾記念では、うまく行きすぎた勝ち方だったので今回は本命にはできませんでした。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

2004JRA賞発表!

2004JRA賞発表!

◆年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬 ゼンノロブロイ(美浦・藤沢和雄厩舎)
◆最優秀2歳牡馬 マイネルレコルト(美浦・堀井雅広厩舎)
◆最優秀2歳牝馬 ショウナンパントル(美浦・大久保洋吉厩舎)
◆最優秀3歳牡馬 キングカメハメハ(栗東・松田国英厩舎)
◆最優秀3歳牝馬 ダンスインザムード(美浦・藤沢和雄厩舎)
◆最優秀4歳以上牝馬 アドマイヤグルーヴ(栗東・橋田満厩舎)
◆最優秀父内国産馬 デルタブルース(栗東・角居勝彦厩舎)
◆最優秀短距離馬 デュランダル(栗東・坂口正大厩舎)
◆最優秀ダートホース アドマイヤドン(栗東・松田博資厩舎)
◆最優秀障害馬 ブランディス(美浦・藤原辰雄厩舎)
◆特別賞(特別敢闘賞) コスモバルク(北海道・田部和則厩舎)



うーーーーーーーーーーん無難(笑)

ツッコミどころも全然ないので無理矢理探すと、コスモバルクなんなんだ!?有馬の人気投票の得票は認めないのに、ここでは賞あげるんかい!なんなんだ!しかもG1馬でもないのに!!

あとは最優秀父内国産馬は俺の中ではツルマルボーイです。

そういえばJRAのホームページ、リニューアルしてたんですが、なんと重賞レースの映像が見られるようになってました!かなりウレシイ〜\(^○^)/


■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース
2006年02月27日

俺競馬大賞2004

優秀賞

☆キングカメハメハ

→2000→1600G1→2400G1というありえないローテーションをすべて勝利!ダービーの勝ち方は特に強かったです。反動出て怪我して引退してしまいましたが種牡馬になっても期待できますね。

☆ダンスインザムード

→桜花賞では圧勝!オークスは負けましたがその後海外遠征。秋華賞では4着敗退も天皇賞秋とマイルCSを3歳牝馬にして連続2着!その後は香港へまた遠征。高いレベルのレースで好走しました。

☆デュランダル

→追い込み馬なのに、使ったレースはG1だけなのに毎回きっちり連対圏まで届く。圧巻だったのはスプリンターズSで、あのどろんこ馬場を2着したのはやはり能力あるなーと思わせてくれました。



最優秀競争馬賞

☆タップダンスシチー

→金鯱賞をまくり早め先頭でレコードタイムで勝った後、宝塚記念も勝利!高齢馬がなかなかできることではありません。果敢に凱旋門賞に挑戦しましたが調整不足で惨敗、有馬記念では地力を見せて2着に食い込みました。来年も現役続行なのでがんばってほしいです。



俺賞

☆ダービーレグノ

昨年、新潟記念を復活勝利したあたりからからずーっと使い詰め。今年はG2で3着を2回するも、今までの使い詰めの疲労が出たのか札幌記念でとうとう怪我→引退。お疲れさま!と言いたい。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

前日に有馬記念の資金稼ぎ失敗してもどうせ買うくせに

有馬記念・反省

ゼンノロブロイが勝ちました。ペリエうまーーーい!!
ロブロイは、先行して勝ちきれずのレースを続けて、抑えて差しに徹したらG1を勝ったので、普通の騎手だと有馬でも押さえて中段で競馬するものだと思います。普通はそうします。
ところが実際は2番手追走。あれはタップ完全マークですね。
あと中山の馬場は多少荒れてもやっぱり先行馬有利。ほんとナイスな判断です。
タップが逃げてホッとしたのもつかの間、2番手にロブロイがいたのを見たとき「あーやられた!」と思いました。
コスモバルクは疲労で先行できなかったですね。シルクフェイマスは大幅に馬体を戻してきました。走れる状態でした。タップは‥完調ではなかったので走れる状態はなく負けました(いいわけっ)
でもいいレースでしたね。満足です。



さーーてと!有馬も終わったし今年はこれで‥大井のG1東京大章典だ!!(笑)

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

有馬記念一口コメント

・アドマイヤドン→使い減りするタイプだし、久々の芝。芝G1勝ち実績だけでここで通じるか。

・ウインブレイズ→休み明けの宗像厩舎も力的に善戦までと思う。

・グレイトジャーニー→G1で結果残せないサンデーで。

・コイントス→前走の多頭数小回り重賞を叩いて延長の今回はいいショック。内枠希望。

・コスモバルク→秋5戦目できついが、連チャン期のザグレブで崩れない。

・シルクフェイマス→連チャンリズムが前走で途切れたので買いにくい。馬体戻しても走れるか?

・ゼンノロブロイ→秋4戦目で3戦すべてGレース連対は有馬で来ないパターンだが、ダメージ少なさそう。

・ダイタクバートラム→軽く負けた後の方がいいのでは?今までも連続好走していない。

・タップダンスシチー→休み明け向くし、まくって先頭押し切りできるし力的に抜けている。本命。

・ツルマルボーイ→中山は向かない。自分から動けないしよほどのハイペースにならないと連までは。

・デルタブルース→体力特化型と思っていたので、前走で走れたのはよく分からない。考えます。

・ハイアーゲーム→中山は向かない。リズム悪い。

・ハーツクライ→武豊が手放したし、G1惨敗後でリズムが悪いサンデー。

・ピサノクウカイ→G1挑戦2戦目のサンデーだが、それほど体力があるタイプとは思えないのでここでは。

・ヒシミラクル→JCでは思わぬ手ごたえで先頭へ。リズムは悪いが天皇賞春の時もこんな感じだった。


皆様、有馬記念をがんばりませう。

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

世界の中心で、◎を叫ぶ

世界の中心で、◎を叫ぶ

言ってみたかっただけです

■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム
2006年02月27日

きっと◎はこ〜な〜い〜

きっと◎はこ〜な〜い〜(山下達郎のクリスマス・イブ)

言ってみたかっただけです。



■ランキングに参加しています! にほんブログ村

posted by とみー at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。